弁護士の仕事場

弁護士に憧れている人は多いと思いますが、ここでは弁護士の仕事全般についてご紹介します。


まずは、弁護士の仕事場です。
弁護士は様々な場所で活躍していますが、最初はやはり弁護士事務所へ就職することが賢明でしょう。
弁護士事務所である程度の経験を積み、弁護士として自信がつくようになれば、自分で事務所を開くことも可能になります。
弁護士事務所はそれぞれのカラーがあり、企業を対象にした事務所もあれば、一般の人を対象にした事務所もあります。
従って、自分がどんな弁護士を目指したいかによって就職先の事務所を選ぶようにしましょう。


また、弁護士は、それなりの難関な試験をパスして取得することができた資格ですから、大学法学部や法科を専門とする大学院で講師として働くことも可能です。
もちろん、この場合でも弁護士と兼務することもできます。
あるいは、司法試験の予備校で講師をしたり採点をしたりといったアルバイトをする弁護士もいます。


一般企業や行政の職員となって、法律の関係の仕事につく弁護士もいます。
数はまだまだ少ないものの年々増加傾向にあります。


弁護士のほとんどは、首都圏に集中しています。
このため、弁護士が少ない地方もたくさん存在しています。
いわゆる弁護士過疎地です。
現在では、このよう地域をなくそうという動きが活発化してきており、日弁連が精力的に公設事務所を設立しています。


さらに、法的なトラブルの解決を目指して、国が出資して設置した法テラスで活躍する弁護士もいます。


[PICK UP]
弁護士にも得意分野があり、このような慰謝料専門の弁護士もいます => 慰謝料専門の弁護士